楽天証券|ネット証券(株・FX・投資信託)

楽天CFDのリスクと費用について


●CFDの取引にかかるリスク


CFDは、対象となる株価指数、ETFの価格の変動、または金利、通貨、経済指標、政治情勢の変化等、さまざまな要因により取引価格が変動し、損失が生じるおそれがあります。また、CFDは少額の委託証拠金でその委託証拠金の額を上回る額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。
その損失額は、差し入れた委託証拠金を上回るおそれがあります。
株価指数先物を参照原資産とするCFDにはそれぞれ限月が定められており、最終決済期限があります。

●CFDの取引にかかる費用等


各種別ごとのCFD取引にかかる手数料は、以下のとおりです。米国ETF CFDの場合、1約定につき、1,250CFDまでは、26.25米ドル(税込)です。1約定につき、1,250CFD超の場合は、1CFDごとに2.1セント(税込)追加となります。
株価指数CFD、株価指数先物CFDは無料です。取引にあたっては各銘柄の売付価格と買付価格の差(スプレッド)がかかります。スプレッドは銘柄ごとに異なります。また、取引手数料以外に金利調整額等の受払いが発生する場合があり、それらの額はCFDのベース通貨や個別の銘柄等により異なります。

●CFDの取引の委託証拠金等について


CFD取引をおこなうには、委託証拠金の差し入れが必要です。必要委託証拠金は銘柄によって異なり、約定代金を基準にして計算されます。株価指数CFD、株価指数先物CFD、米国ETF CFDは約定代金の10%(委託証拠金の10倍までの取引が可能)以上の委託証拠金が必要です。
また、委託証拠金率(必要証拠金額を100%として算出)が一定率以下となった場合、ロスカットルールにより全ポジションが強制決済されます。市場環境が急激に変動する場合には、ロスカット価格がロスカットルール適用時の価格から大きく乖離して約定することがあり、その結果、損失額が委託証拠金の額を上回る可能性があります。
使用可能証拠金が1万円未満の場合、新規注文または保有ポジションを超える数量の反対売買となる注文はできません。
なお、保有ポジションと同数量までの反対売買の注文またはロスカットは、使用可能証拠金が1万円未満の場合も、実行可能です。


▲上へ

[*]楽天CFD に戻る
ネット証券の楽天証券 > 取扱商品 > 楽天CFD > リスクと費用について
総合口座ログイン
株価検索・為替・マーケット情報
はじめての方へ
取扱商品
サービス案内
新着・キャンペーン

[7]楽天証券について
[8]よくあるご質問・お問い合わせ
[9]サイトマップ
[0]楽天証券トップ

(c) Rakuten Securities, Inc. All Rights Reserved.
商号等:楽天証券株式会社
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会