楽天証券|ネット証券(株・FX・投資信託)

国内商品先物取引のリスクと費用について



国内商品先物取引にかかるリスク

国内商品先物取引は、証拠金取引であり取引に際して預託する証拠金の額は、総取引金額に対し概ね3〜20%の額であり、総取引金額に比較して少額となります。
そのため、商品市場における相場の変動幅が小さくとも、大きな額の利益または損失が生じるハイリスク・ハイリターンの取引です。
また、商品市場の相場の変動により損失が一定額を超えた場合に取引を継続するためには、当初に預託した証拠金に加えて、証拠金を追加して預託することが必要となる場合があります。
なお、商品市場の相場が予測に反して変動した際には、損失が発生する可能性があると共に相場の変動幅によっては預託した証拠金の額を上回る損失が発生する可能性があります。

【国内商品先物取引にかかる費用等】

国内商品先物取引にかかる取引手数料は「一律コース」「サヤトレーダーコース」の2コースから選択することができます。

〔一律コース〕
1取引あたり以下の取引手数料がかかります。
銘柄名 取引手数料
標準銘柄 片道・税込356円/枚
ミニ銘柄・ゴールドスポット100(金限日) 片道・税込92円/枚

〔サヤトレーダーコース〕
サヤトレーダーコースは、国内商品先物専用取引webツールのスプレッド取引画面、同スマートフォンアプリのコンビネーション注文画面から発注し、約定した場合に適用されます。
銘柄名 取引手数料
標準銘柄 片道・税込290円/枚
ミニ銘柄・ゴールドスポット100(金限日) 片道・税込140円/枚


▲上へ


ネット証券の楽天証券 > 投資にかかる手数料等およびリスク > 国内商品先物のリスクと費用について
総合口座ログイン
株価検索・為替・マーケット情報
はじめての方へ
取扱商品
サービス案内
新着・キャンペーン

[7]楽天証券について
[8]よくあるご質問・お問い合わせ
[9]サイトマップ
[0]楽天証券トップ

(c) Rakuten Securities, Inc. All Rights Reserved.
商号等:楽天証券株式会社
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会